サーティーン・ドラムス(石井眞木)

Thirteen Drums for percussion solo, op.66
作曲者 石井眞木(いしいまき)
作曲年
出版年
1985年(作曲年)
1986年(出版年)
楽譜の出版 サーティーンドラムス 石井眞木Moeck Music instrumente und verlag


Yahoo!ショッピング楽天
演奏形態
凡例
打楽器独奏
使用打楽器
凡例
@〜KBongos,Congas,and other skin instruments with calf skin. (or japanese drums:Shime-Daiko,Oke-do)、
LBass Drum with Pedal

要は「膜質打楽器の範囲で自由」。手に撥を持ってたたく太鼓12個と、足でペダルを操作して叩く太鼓1つがあればOK。
演奏所要時間 10〜15分。
録音 CDライブラリー収録
サーティーン・ドラムス(竹原美歌)
SchlagArtig Percussion solo (Markus Hauke)
Markussion: Heavy Loaded Percussion Recital (Markus Leoson)
木と皮の鼓動 現代パーカッション作品集(菅原淳)
曲目概要 打楽器ソロ作品の中でもかなり演奏頻度が高く、難易度もかなり高い作品。
太鼓13個というと、揃えるのが難しいように思えてしまうが、ボンゴ、和楽器などとにかく膜鳴楽器であれば何でもいいので、意外と揃え易い。
ただ、かなり難易度が高いので、取り組むにはそれなりの準備期間が必要。

この曲を取り組むのにネックになることのひとつがセッティング。
なんせ13個もの太鼓を効率よく並べないといけない。
ただ、どんなセッティングにしても曲のどこかで手を回すのが困難になる部分が出てくる。
なので、ポイントとしては、
@とにかくよく出てくるフレーズが叩きやすいように並べる。
A一番使うのは5番の太鼓なので、それをどこに持ってくるか。
B足で操作する13番の太鼓の微妙な位置は確実に決めておいたほうがいい。(立ち位置に関わるので)

ちなみにこの曲、分析するとかなり面白い。
・・・余談ですが楽譜のページ数も13です。(故意かどうかは不明)
(最終更新日:2010/8/1)




SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー