ワークショップ開催のお知らせ

「打楽器奏者が知っておきたい身体の事とその使い方」

2017年4月12日18:30開始 瀬楽スタジオ(大阪)にて
詳細及び応募フォームは新ブログをご確認下さい!

ティンパニ協奏曲(ヴェルナー・テーリヒェン)

Konzert für Pauken und Orchester Opus 34
作曲者 Werner Thärichen
作曲年
出版年
1954年
1966年
出版 Bote & Bock
演奏形態
凡例
ティンパニと管弦楽

管弦楽編成 2Fl.(2番はPicc.持ち替え), 2Ob., 2Cl., 2Bsn., 4Hn., 3Trp., 3Trb., Tub.,
3Perc.(S.D., Cym., 2Tom., B.D., Xylo., Tenor Drum., Glock., Tamb., Tam., Tri., Gong)
使用打楽器
凡例
Timpani 5台。少なくとも2台はペダルティンパニが必要。
演奏所要時間 約20分。
録音 CDライブラリー収録
永野哲の世界 Vol.1(ティンパニ独奏:永野哲、石丸寛指揮 九州交響楽団)
Virtuoso kettledrum Concertos(ヴェルナー・テーリヒェンによる自作自演)
曲目概要 コンクールやオーディションの課題曲に指定されるほか、演奏会でも稀に取り上げられる。ティンパニ奏者必修の楽曲。

全3楽章から成っている。難易度はかなり高い。

フルスコア、ピアノリダクション、パート譜でそれぞれ独奏パートが微妙に違う。さらにテーリヒェンによる自作自演も違うことを演奏しているので、どれが本当なのかはよくわからない。
(最終更新日:2011/5/13)





SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー