4つのインヴェンション(ミハエル・カルス)

Quatre Inventions pour percussion et piano
作曲者 Michel Cals
作曲年
出版年
1974年(出版年)
出版 4つのインベンション カルスLeduc


Yahoo!ショッピング楽天
演奏形態
凡例
打楽器独奏(1,3は無伴奏、2,4はピアノ伴奏付き)
使用打楽器
凡例
楽章ごとに大きく編成が異なる。
1.無伴奏:Vib., Claves, T.B.×6, Tom×4, Bongo, Sizzle Cym., Sus.Cym., Guiro, Maraca, Tam-tam, Tri.×2
2.伴奏付き:Xylo., Marb.
3.無伴奏:Sus.Cym.×3, W.B., C.B.×2, Bongo, S.D., Tom×3, B.D.with pedal, T.B.×5
4.伴奏付き:Timp.×5

1と3の楽器は配置を工夫すれば共有可能。
演奏所要時間 約15分。
録音 CDライブラリー収録
大野和士指揮 ザブレク・フィルハーモニー管弦楽団 打楽器独奏:イーゴリ・レシニク
曲目概要 コンクールの課題曲に指定されるほか、演奏会でも稀に取り上げられる。

全4楽章から成っており、以下は楽章ごとに解説をする。

1.Accessoires et Vibraphone ヴィブラフォンと小物を使用。クラベスで木魚を叩く、マラカスを振りながらギロを奏するなど、器用なことをしなければいけない。ヴィブラフォンは4本撥。それほど難易度は高くない。

2.Xylo - Marimba ピアノ伴奏を伴ったシロフォンとマリンバの楽章。マリンバは5オクターブが必要となる(最低音Cis)。ピアノとの掛け合いはかなり難易度が高い。

3.Caisse Claire et Batterie 小太鼓と打楽器群の楽章。この楽章単独で演奏されることも稀にある。中間部に小太鼓ソロの部分があり、奏者のテクニックと音色感の見せ所となる。音大の1,2年生が試験で使うこともあるくらいなので、それほど難易度は高くない。

4.Timbales ピアノ伴奏を伴ったティンパニの楽章。5台全てペダル・ティンパニである必要があり、5台目はピッコロ・ティンパニが望ましいと思われる。足さばき、手さばき、ピアノとのアンサンブルなど、どこをとっても難易度が高く、やりがいのある1曲である。

尚、この曲はJacques DELECLUSE氏に献呈されている。
(最終更新日:2010/7/29)




SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー