火の鳥(1919年版)(イーゴリ・ストラヴィンスキー)

L'Oiseau de feu (1919)
作曲者 Igor Fyodorovitch Stravinsky(イーゴリ・フョードロヴィチ・ストラヴィンスキー)
出版 スコア:Kalmus Edition
オーケストラ・スタディ:F. クリューガー ティンパニと小太鼓教本(オーケストラ・スタディ付き)に「カスチェイの凶悪な踊り」のティンパニパート譜(Complete)及びシロフォンパート譜(一部)、フィナーレのティンパニパート譜(Complete)が収録されています。
管弦楽編成 フルート2(ピッコロ持ち替え)、オーボエ2(イングリッシュホルン持ち替え)、クラリネット2、ファゴット2、ホルン4、トランペット2、トロンボーン3、チューバ、ハープ、ピアノ(任意でチェレスタ持ち替え)、弦楽5部
使用打楽器 ティンパニ、バスドラム、タンバリン、シンバル、 トライアングル、シロフォン
打楽器の人数
(ティンパニ除く)
最低3人。4人いれば嬉しいが、かなり暇になる。
ティンパニの台数 26"と32"の2台で無理やりできないことは無いが、できれば3〜4台ほしいところ。
打楽器的難所 やはり「カスチェイ~」のシロフォンソロでしょうか。旋律のところよりも、木管の補強で入っている32分音符の方が難所。
あとはティンパニへの撥の指示が多いので注意。「カスチェイ~」後半のアンサンブルはそれほど難所ではない。
録音 たくさん出てます。
曲目概要 火の鳥は全部で4つのヴァージョンがありますが、この19年版が最も簡潔です。他の版とは打楽器の人数、使われ方が全く違うので、注意してください。
Wikipedia参照(爆)




SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー