ネボジャ・ヨヴァン・ジヴコヴィッチ

Nebojša Jovan Živković
生没年 -
出身国 旧ユーゴスラヴィア
ウィキペディア -
ウェブサイト Zivkovic, Nebojsa Jovan
代表作 マリンバ及び鍵盤楽器作品
・Ilijaš(イリヤーシュ) →CD
・Ulitimatum 1 (ウルティマトゥム1)
・Ulitimatum 2 (ウルティマトゥム2)→CD
・Ein Liebeslied?→CD
・Northwind→CD
・Bayerischer Landler→CD
・Il canto dei gondolieri→CD
・Der kleine Paganini(Xylophone)→CD
・Suomineito(Vibraphone)→CD

打楽器ソロ作品
・Generally Spoken It's Nothing But Rhythm, Op. 21(一般的に、それはただのリズムでしかない)→CD
・The Castle of the Mad King(狂った王の城)→CD

打楽器アンサンブル作品
・Trio per Uno(トリオ・パー・ウノ )→楽曲紹介
CD(打楽器奏者として) 狂王の城(ジヴコヴィッチ自作自演集)
ミヨー:マリンバ協奏曲(マリンバ独奏:ジヴコヴィッチ)
ジブコヴィッチは近年日本でも人気を博している作曲家であり、自身も高く評価をされた打楽器、マリンバ奏者です。
特にマリンバの「イリヤーシュ」、打楽器3重奏の「トリオ・パー・ウノ」はプロ・アマ問わず高い人気があり、頻繁に演奏されている。

尚、名前の読み方であるが、近年「シフコヴィッチ」というように、はじめの"Ziv"を清音にする表記を広く見かけるが、従来どうり「ジヴコヴィッチ」と濁音にする方が言語の発音に近い。
ジヴコヴィッチのホームページで彼自身が発音した音声ファイルを聞くことができる。
(最終更新日:2010/8/11)



SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー